15_480x


私たちの身の回りには沢山のリモコンが溢れている。

その溢れかえったリモコンをまとめるのが"HUIS"だ。

 
僕の机の上には沢山のリモコンがあります。


エアコンにテレビにレコーダーにオーディオアンプ。AppleのRemotoにHDMIセレクタのリモコン。

身の回りのリモコンを挙げてみると結構たくさんありますよね。



でもリモコンが沢山ありすぎると「どこに行ったっけ」とか「どっちが◯◯のリモコンだっけ」だとか面倒なことになったり...



そんな困ったリモコンちゃん達をまとめるのがSONYの若手が作る"HUIS"


"沢山のリモコンをまとめる"
 

これ自体は特に珍しいわけでもなく昔からデバイスとしては存在していました。

しかしHUISは一味違います。

sony-huis


ボディは薄く小型のスマホの様。

そして全面を覆うのは電子ペーパー。

しかもその電子ペーパーは従来の感圧式ではなく、最近のスマホと同じ静電容量式!!!



...と言われてもやはりリモコンならでは..物理キーの壁も存在する。

例えばテレビのリモコンの音量ボタン。

連打して音量を上げたり下げたり..なんて経験は誰にでもあるはず!

そんな時にタッチパネルを連打するのは心地が悪い


しかしHUISはこの壁も乗り越えようとしている

スマホユーザーにはお馴染みスワイプ操作だ。


更に物理キーでの"押した感触"も得るべくタッチしたことがわかりやすいように"音と振動"を利用している


この類の製品には問題点がある

"各ボタンへの動作割り当てが面倒"

これは重大な欠点に思えるがこの問題も払拭していた!


huis_3-0ab69




それはカスタマイズ性が高く、複数作成することのできる操作画面

これなら何処に何を割り当てたかすぐに分かるし、状況に応じて配置を変えたり...なんて楽しそう!


更に製品化後にはこんな計画も...

rt08

それは..作ったリモコンデータを共有するサイト!

同じ機種を利用している人なら、同じ製品を持っている人のリモコンデータをダウンロードして利用出来る

これは面白いかも!



HUISは現在クラウドファンディング中

¥25,000/台や¥48,000/2台のコースなどが用意されており、目標金額は¥5,000,000

既に¥21,000,000を越え目標は達成している


HUISクラウドファンディングはこちら


果たしてHUISはSONYのヒット商品となるのか!?

今後に期待!




SONYの若手が作る電子ペーパー学習リモコン「HUIS」