Amazon_Echo



数ヶ月前にリークされ、ついに発売が開始しました!

Amazonが提案する今までになかった新デバイス "Echo"

その魅力を探ります! 







数ヶ月前に大きく話題となり、7月の中旬にアメリカでの発売が決まったEcho。

一体その正体は何なのでしょうか? 



Amazonが独自に販売している物といえば何を想像しますか?


KindleシリーズやFirePhone...

※FirePhoneは日本での販売を行っていません



AndroidベースのFireOSを搭載したモバイル端末が思い浮かぶかと思います。




今回発表したEchoとはどのような情報機器なのでしょうか?

僕は"Echo"と聞くと...海外のお菓子のような感じがします。

あと日本語で「えちょ」って聞くとなんかイヤラシイ..




見た目は筒状のスピーカー。


_SL1000_



そんなEchoのあだ名は「喋るコンピューター


あれっ!?どこかで聞いたことがある...  そうです。OHaNASです。


OHaNASは「喋るコンピューター」と言うより「会話できるロボット」ですが、システム的には非常に似ています。


それは双方とも"クラウド接続の会話型コンピューター"であること。


Echoは基本的に常時ネットワークに接続されているのが前提で、音楽のストリーミング再生や天気予報・交通情報から家電の操作まで万能に対応してくれます。

勿論Amazon商品の注文も可能です。


このあたりがAmazonっぽいですねー!

僕はあまり利用しないですが...('A`|||)


またニュースの読み上げや単位換算、スケジュールやリマインダーetc..他にも様々な用途に使うことができ、まさに執事のような感じですね


AppleにはSiriちゃんがいますが、Echoにもちゃんと中の人(?)がいます。

名前はAlexaちゃん。

強気で美人な女の子のイメージです。

6f0e791f



そして有り難いのが、家電操作ができたりIFTTTを介した接続ができるので、色々とカスタマイズが可能になります。


 
暮らしはどう変わる?




Echoの最大の利点は"ハンズフリー"で使えること。


この記事の読み始めでSiriやGoogleNowと大して変わらないじゃん(笑)

と思った方も多いのではないでしょうか? 



しかしEchoは据え置きで常にネットワークに接続されており、ハンズフリーで使えることに大きなメリットがあるのです。



考えてみてください。

いつもSiriを立ち上げるのにいつもどうしていますか?

iPhoneやiPadだと充電中にHey! Siriと言うと起動しますが、充電中以外では利用できません。

AppleWatchでも手首を近づける必要があります。


これはマイクの性能やバッテリーに制約があるので仕方ないですが、手が空いていない時とかだと不便ですよね


しかしEchoは7つの高性能マイクを搭載しているので料理しながらタイマーをセットしたり、作業をしながらリマインダーをセットしたりすることが可能なのです。



記事を書いていて欲しくなってしまいました。

さて、気になるのはお値段です。


なんと179.99ドル!


まだ未開のジャンルなので相場がわかりませんが、きっと安いのでしょう。


しかし現在はまだ英語にしか対応しておらず、その他の言語は順次対応みたいです。


日本語の対応が待ち遠しいですね!



購入した場合、発送は7月14日になるそうです。

気になる方はこちらから詳細をチェック→Echo










Echo

engadget